本文へスキップ
TOP会社案内 > 会社沿革

会社沿革COMPANY HISTORY

1921年(大正10年)
広島市材木町において、今西寛一が鋳造用木型製作にて創業
1934年(昭和9年)
事業拡張のため広島市矢賀新町(現矢賀工場)に移設。
1947年(昭和22年)
株式会社今西製作所として設立。
1952年(昭和27年)
銑鉄鋳物の製造を開始。
1958年(昭和33年)
鋳造用金型の製作を開始。
1960年(昭和35年)
海田工場を新設。
1975年(昭和50年)
スイスのズルザーブラザース社よりSUP精密鋳造法ライセンスを取得。
1976年(昭和51年)
車体組立用溶接治具の設計製作を開始。
1977年(昭和52年)
試作用プレス金型の製作を開始。
1977年(昭和52年)
フランスのラバル社よりジュプトラード法(ラピッド精密鋳造法)を導入。
1986年(昭和61年)
広島市矢賀新町に本社機能を集結。
1987年(昭和62年)
プラスチック成形用金型の設計製作を開始。
1988年(昭和63年)
3次元CAD/CAMシステムを導入。
1991年(平成3年)
船越工場を設立。
1993年(平成5年)
海田工場に新工場を増設。
1996年(平成8年)
ラピッドプロトタイピング紙積層式高速3次元造型機「LOM 2030E」を導入。
2000年(平成12年)
ISO9001:1994 本社矢賀工場にて認証取得。(2000.6.1)
2002年(平成14年)
ISO9001:2000 全社にて認証取得。
2003年(平成15年)
ISO14001 全社にて認証取得。(2003.3.6)
2003年(平成15年)
紙積層式高速3次元造型機の2号機「LOM SC800」を導入。
2003年(平成15年)
大型5面加工機を導入。
2005年(平成17年)
精密鋳造用高周波炉と焼成炉を更新。
2007年(平成19年)
治具製作効率化のため、マシニングセンターをロボットを導入。
2007年(平成19年)
大型5面加工機の2号機を導入。
2009年(平成21年)
ISO9001:2000・ISO14001:2004 全社にて認証取得。(2009.2.10)
2009年(平成21年)
5軸立形マシニングセンターを導入。
2010年(平成22年)
鋳造シミュレーションと発光分析装置を導入。
2010年(平成22年)
ISO9001:2008・ISO14001:2004 全社にて認証取得。(2010.3.9)
2014年(平成26年)
光造型機「ATOMm-4000」を導入。
2017年(平成29年)
治具製作用新型横型マシニングセンターを導入。
2018年(平成30年)
ISO9001:2015・ISO14001:2015 全社にて認証取得。(2018.3.6)
2021年(令和3年)
創業100周年。(2022.6.1)